toggle
洋菓子の街・神戸北野から、こだわり抜いたフランス菓子を心を込めてお届けします。

About|パティスリー グレゴリー・コレについて

「パティスリー グレゴリー・コレ」は、1998年4月23日に神戸市の元町3丁目にオープンしました。
阪神淡路大震災で傷ついた神戸復興への情熱と「洋菓子の街 神戸」から本物のフランス菓子を発信したいという強い想いが、当時若くしてニース ネグレスコホテルの総製菓長を務めながらも、アジアという新しいフィールドで自らの可能性を追求したいと考えていたひとりのフランス人パティシエと出会うことで実現の運びとなったのです。


グランシェフパティシエ:グレゴリー・ジャン・マルセル・コレ

1964年1月23日フランス マイエンヌ生まれ。インテリアデザイナーの父の元に生まれ、高校時代はサッカーに明け暮れたグレゴリーは18歳でCAP(職業適正証書)取得後、物を作る事への興味と大好きなショコラを扱うことができる製菓の世界へ…。その後、23歳でコートダジュールのホテルレストラン「ル・シャトー・エザ」に製菓長として就任。2年後の25歳、ニースの名門ホテル「ホテル ネグレスコ」の総製菓長として迎えられます。
1992年にはパリで開催されたデザートフランス選手権大会のプロフェッショナル部門で優勝。優勝作品は、マンゴーとパッションフルーツのムースにショコラをあわせた「LARME DE CHOCOLAT(チョコレートの涙)」。ネグレスコ時代にはアメリカやフィリピン、日本でも「南仏ネグレスコフェア」に伴ってデザートを披露したり、パリの「ベルエコンセイユ」というプロ製菓学校でも講師を勤めました。

 

 


シェフパティシエ:パトリック・ロザ

1999年10月に「パティスリー グレゴリー・コレ 神戸・元町本店」の副製菓長として来日。ニース ネグレスコホテル時代から、グランシェフの「グレゴリー・コレ」に片腕として最も信頼をおかれていた人物です。ボンボンショコラを始めとするチョコレートを得意としており、スイス ヌシャンテルに始まりパリのルノートルで磨き上げられたその卓越した技術は、美食家の舌を魅了してやみません。

 


シェフパティシエ:西嶋 一力(にしじま いちりき)

1985年長崎生まれ、エコールキュリネール国立辻製菓専門カレッジ卒業。東京・下高井戸のパティスリー「ノリエット」で8年間の修行を経てスーシェフを務めた後、さらなる研鑽を求めて渡仏。パトリック・ロザ氏のパティスリー「パティスリーパトリック・ロザ」にて、お菓子のみならずパン、ヴィエノワズリー、トゥレトールなどを極め、2017年8月帰国。2017年9月、神戸「パティスリーグレゴリー・コレ」のシェフに就任し、現在に至ります。